太陽光発電事業

太陽光発電事業
太陽光発電は、環境にやさしいだけではなく、経済効果も期待でき、様々なメリットが得られます。
設置のメリット
太陽光を利用した手作りだから、電気料金を大幅に削減
昼間に太陽光発電で作った電気は、家庭の消費電力として使用するため、
その分の電気代は、無料になります!
天気の悪い日などの発電量が足りない時や夜間など発電しない時は、
電力会社から購入するので、 毎月の電気代を効率的に減らすことができます。
安く使って高く売ることができる「時間帯別電灯契約」
太陽光発電を上手に活用できる電気料金メニューのひとつ。
昼間の余った電気は割高な料金で売り、電気が必要な夜間は割安で利用できます。
余った電気を売ることができる
太陽光発電で作られた電力は、家庭の消費電力として使用しますが、
使用しきれずに余った場合、 電力会社に売ることができます。
買い取り価格は、通常の電気料金とほぼ同じで、面倒な手続きや作業は一切不要。
毎月、電力会社がメーターを検針し、電力会社に売った電気代がお客様の口座に入金されます。
家族の省エネ・環境に対する意識も高まります
専用の「カラー電力モニタ」を使って、今どれくらい電気をつくっているか等、
発電の状況を楽しみながら、 実感できます。
リアルタイムに確認することにより、家族みんなで楽しみながら節電し、
月々の目標に向けて頑張れたり、 省エネへの関心もいつのまにか高まります。
オール電化と組み合わせると、更に電気代がお得に!
給湯や空調、調理など生活に必要な熱源すべてを電気でまかなうオール電化。
太陽光発電でつくった電気を有効に使いながら、
お得な料金プランも利用できるので、光熱費が大幅に抑えられます。
太陽光発電のパネルで、屋根の断熱効果がアップ
太陽光パネルを設置すると、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。
災害時にも電気が利用できる
地震や台風などの災害により、停電になった場合でも、
太陽光発電で作った電気を使用することができます。(非常用)
国や地方自治体から補助金・助成金が受けられる
地球に優しい自然エネルギー促進の施策の一環として、
国や地方自治体による補助金制度があります。
※補助金制度を利用するには、様々な条件があり、自治体によっては交付期間が終了している場合もあります。 詳しくは、各地の地方自治体にお問い合わせください。
設置までの流れ
1. お問い合わせ
お電話、FAX、メールにて受付いたしております。 お気軽にお問い合わせ下さい。
2. 現地調査
専門のスタッフがお客様宅にお伺いして、日照条件、屋根の形状、屋根の構造、耐久性、経済効果等を精査いたします。
3. お見積もり
お客様から提供された情報と調査内容から、具体的に発電シミュレーションを行い、ご予算に応じて より最適なプランをご提案いたします。
お客様に充分ご納得していただけるまで、しっかりとご説明させていただきますのでご安心ください。
4. 設置工事
メーカー指定施工技術者により、安全確実な設置工事をさせていただきます。
現場の状況や規模、天候等にもよりますが、モジュールの設置工事は、通常1~2日で完了いたします。電気工事も並行して行なわれます。
5. 補助金申請
電力会社との系統連系契約終了後、地方自治体へ補助金の申請書類を提出いたします。
交付申請手続き完了後(約3~4ヶ月)後、指定した金融機関口座に補助金が振り込まれます。※各地の地方自治体により異なります。
6. 保証 (アフターメンテナンス)
三木・小林発電所
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
詳細は電話番号(078-961-1345)までお問い合わせください。